【エンタメ総合】
デビュー20周年の鈴木愛理「病欠が一度もない」 お気に入りカットはスカート丈にこだわった「幼めな写真」

鈴木愛理20周年記念写真集『nectar』発売記念マスコミ囲み取材会を開催した鈴木愛理 (C)ORICON NewS inc.
 歌手で俳優の鈴木愛理(28)が27日、都内で行われたテデビュー20周年記念写真集『nectar』(発行:DONUTS、発売:主婦の友社)の発売記念取材会に出席した。



【写真】笑顔で写真集を紹介する鈴木愛理



 鈴木は、2002年に当時8歳でハロー!プロジェクト・キッズ オーディションに合格し、「あぁ!」「℃-ute(キュート)」「Buono!(ボーノ)」のメンバーとしして活躍。グループ解散・ハロー!プロジェクト卒業後もソロアーティストとして武道館公演を2回成功させるほか、ファッション誌『Ray』の専属モデルや俳優、ラジオパーソナリティなどマルチな才能を発揮している。



 今年は、デビュー20周年を迎えたが「(デビューから)病欠が一度もないんですよ。たまたまお正月休みにインフルエンザになったことはあるんですけど」と告白。驚く報道陣に「母の支えや、父もプロゴルファーなので栄養管理ができているのかな」と家族に感謝し、「自分のちょっとした変化にも敏感です。変化に合わせて、漢方飲んどこう、サプリ飲んでおこうというようにしています」と秘けつを明かした。



 また、写真集に向けての体づくりについて問われた鈴木は「ストイックにジムに通って痩せすぎて、写真集の発売がなくなってしまったこともあって。22歳のときかな」と回顧。「あくまでも自然体で素直なものをベースにしたいという思いがあって。短期集中のトレーニングでお尻やくびれを整えたりはしました。後は日々の積み重ねです」と語った。



 お気に入りショットは、赤いミニ丈のワンピースでのショットだといい「昔から、スカートの丈にこだわっていて。幼めな写真なんですけど」とお気に入りカットを見せながら照れ笑い。「太ももが太くなるぞっていうキュッてなるところの丈って決めていて。それを守りました」とこだわりを伝えた。



 同作は、スタイルブック『あいりまにあ』以来、約5年ぶりに発売する写真集。アイドル時代から変わらない天使のような無邪気な笑顔から大人の魅力にあふれたカットはもちろん、これまでの活動を振り返る2万字インタビューも掲載し、鈴木の20年間の軌跡をたどり、現在、そして未来を余すところなく見せる、20周年の節目を記念した一冊となっている。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース