【映画】
橋本環奈、気品あふれるシースルードレスで魅了 映画では美しさとのギャップ全開「目がやべえ」

映画『ブラックナイトパレード』完成披露舞台あいさつに登壇した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の橋本環奈が4日、俳優の吉沢亮が4日、都内で行われた映画『ブラックナイトパレード』(23日公開)完成披露舞台あいさつに登壇。首元から肩にかけてシースルーとなった、気品あふれる黒のドレスで登場した。



【全身ショット】大人びた黒のシースルードレスで登場した橋本環奈



 舞台あいさつには、吉沢亮、中川大志、渡邊圭祐、玉木宏、福田雄一監督も参加。コメディ全開の作品だが、橋本は「あごが外れそうになったりとか、目が乾きながらガッと開いたり必死なので、面白いものを撮っている感覚があまりない。みなさんに笑っていただけたらうれしい」と、ちゃめっ気たっぷりにアピールした。



 玉木は、そんな橋本の演技に衝撃を受けたといい「橋本環奈の目がやべえなと思って(笑)。そんなに振り切れる俳優さんいない。こんなにかわいくてきれいなのに…」と語っていた。



 同映画は、『聖☆おにいさん』の作者・中村光の同名漫画を福田監督が実写化。受験失敗・就活失敗・彼女無し、何をやってもダメな情けない男が迷い込んだ、世にも奇妙なサンタのお仕事を描く。クリスマスを裏で運営するサンタクロースハウスで“ブラックサンタ”として働く主人公・日野三春を吉沢、同じくブラックサンタとして働く同僚の北条志乃を橋本、田中カイザーを中川、古平鉄平を渡邊が演じる。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース