【映画】
森七菜×奥平大兼、ダブル主演で映画化 不眠症でつながる『君は放課後インソムニア』

森七菜、奥平大兼がダブル主演、映画『君は放課後インソムニア』6月公開(C)オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会
 俳優の森七菜、奥平大兼がダブル主演を務める映画『君は放課後インソムニア』が6月に公開されることが発表された。原作は、『富士山さんは思春期』、『猫のお寺の知恩さん』で一瞬のきらめきのような思春期を描いたオジロマコトが手がける同名青春漫画。2019年より「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載され。幅広い世代から高い支持を得て、コミックスは第11集まで刊行。テレビアニメも4月から放送される。



【動画】『君は放課後インソムニア』特報映像



 実写映画は『東南角部屋二階の女』で長編映画の監督としてデビューし、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』や『祈りのカルテ』の演出を務めた池田千尋が担当。映画『東京リベンジャーズ』シリーズの高橋泉(※高=はしごだか)が池田監督と共に共同脚本として参加している。撮影は、物語の舞台でもある石川県七尾市を中心に行われた。



 初解禁となった特報映像は、奥平演じる丸太(がんた)が、「今日も眠れなかった」と夜明けを待つショットから始まる。「一人じゃどうしようも出来なくて…」と心情を吐露し、一点を見上げるカットが印象的。その後、「心配かけちゃうから」と、一人で悩みを抱えていることに少し感情が高ぶった様子のせりふとともに森が演じる伊咲(いさき)が橋の上から遠くを見つめる寂しそうな表情が映し出される。「そしたら、ここがあって…」というせりふの中、伊咲と丸太が何かにもたれかかって眠っているシーンへと変わる。満天の星空に映し出されるメインコピー「誰にも打ち明けられなかった秘密が、二人を繋ぐ」にあるように、二人は【不眠症】という共通の悩みを抱えているのだ。



 花火を見たり、望遠鏡を設置したり、二人の仲が良さそうなシーンが展開されるも、「まだ、起きてる?」という伊咲のせりふと寂し気な表情を浮かべるシーンで映像は締められており、果たして二人の関係はどのように発展していくのか。



 ティザービジュアルでは、夕焼けをバックにこちらを見つめる森と奥平の表情からは素朴さやアンニュイさが醸し出されており、その下に置かれた朝焼けを見る丸太のシルエットと相まって、“君ソム”ならではの世界観が表現されている。なお、特製クリアファイル付きのムビチケが、今週27日より発売される。



関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース