【音楽】
宅見将典、グラミー賞初受賞「何が起きたんだ!?」 西城秀樹のおい「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」受賞

宅見将典が第65回グラミー賞「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」を受賞 (C)Masa Takumi:Getty Images
 米音楽界最高峰の祭典『第65回グラミー賞』授賞式が5日(日本時間6日)、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナ(旧ステープルズ・センター)で開催され、作編曲家でインストゥルメンタルアーティストの宅見将典(44)が昨年9月に「Masa Takumi」名義でリリースした『Sakura』が、「最優秀グローバル・ミュージック・アルバム」受賞した。初のグラミー受賞となる。



【写真】BTS、ビヨンセらグラミー賞ノミネートアーティスト



 2018年5月に亡くなった歌手・西城秀樹さんのおいにあたる宅見は、Masa Takumi名義でSly & Robbie and The Jam Mastersのメンバーとして参加したレゲエ・アルバムが第56回・57回のグラミー賞にノミネートされた経験を持つが、今回初受賞。日本では西城さんの楽曲のほか、EXILE、AAA、DA PUMPの作曲などを手がけてきた。



 Masa Takumiは「何が起きたんだ!? これはグラミー賞だぜ! 何も用意していなかったので言葉が出てこないよ。広島の家族や関係者に感謝を述べたい」とコメントした。



 授賞式の模様はWOWOWプライムで生中継(同時通訳)。きょう6日午後10時からはWOWOWライブで字幕版が放送される。

関連記事


最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース