【エンタメ総合】
日向亘、ネクストブレイク筆頭も“顔バレ”なし「そこはもっと頑張りたい(笑)」

1st写真集『5W1H』発売記念イベントを開催した日向亘 (C)ORICON NewS inc.


 昨年8月まで放送された『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)で注目を集め、今年1月期の日曜劇場『Get Ready!』(TBS系)にメインキャストとして出演した俳優の日向亘(19)が19日、都内で行われた1st写真集『5W1H』(KADOKAWA)の発売記念イベントに出席した。



【写真】お気に入りページを紹介した日向亘



 1st写真集は、自身の「俳優としてのスタートの地」を再訪したときに見せた、18歳の等身大で自由な姿から、モードな衣装で廃墟や崖などで撮影したソリッドなカットまで、俳優としての幅広い表現力を凝縮した一冊となっている。



 今月17日に19歳の誕生日を迎え、同日に1st写真集も発売した日向は「10代ラスト。10代のうちに勉強できることたくさん吸収して、駆け抜けられる一年になればいいな」と笑顔。自己採点を求められると「僕としてはすてきな写真をたくさん撮ってもらって、ストーリーもしっかりしているので…95点!『もっといいモノを撮りたい』という意味を込めて、5点引かせていただきました」と胸を張った。



 夕日に向かって開放的に手を広げるお気に入りカットは「デビュー作の『太陽は動かない』の撮影で個人的に印象的だった、同級生と夕日をバックに話すシーン」を再現したと紹介し、「応援してくれるファンの方はもちろん、僕を知らない人にも読んでもらいたいですし、素の自分がたくさん出ているので、この一冊を読めば僕がどんな人間が分かると思います」とアピールした。



 「お芝居が大好きなので、これからも作品に出て、いろんな役と出会いたい」と役者業のまい進を誓った日向は「たくさん失敗できるし、怒られていいのも今のうちだけだと思います。たくさんのことを経験して、吸収できる一年にしたい」と言葉に力を込めた。



 ネクストブレイクの筆頭株として、さらなる飛躍が期待されている。出演作も増えて「街で気付かれる?」と質問を受けると「全然苦労してないです」と明かし「気づかれることがあまりなく、そこはもっと頑張りたいなと思います(笑)」とはにかみながら返していた。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース