【その他】
村田諒太「ボクシング界にできることはもうない」 競技人生振り返り「これからも何かを成し遂げたい」

引退会見を開いた村田諒太 (C)ORICON NewS inc.


 プロボクサーの村田諒太選手(37/帝拳)が28日、都内で引退会見を開いた。会見ではこれまでの競技人生、今後について語った。



【会見ノーカット動画】「これからも何かを成し遂げたい」…競技人生振り返った村田諒太



 村田選手は、中学3年でボクシングを始め、アマチュア時代には119勝19敗という戦績を積み重ねた。2012年のロンドン五輪では、1964年の東京五輪に出場した桜井孝雄さん以来、日本人2人目の金メダルを獲得。2013年8月にプロデビュー後、17年にはWBA世界ミドル級王座を奪取し、日本勢唯一となるアマ&プロでの世界一に。18年10月に王座陥落となったものの、19年7月に王座へ返り咲いた。



 昨年4月に開催された『IBF・WBA世界ミドル級王座統一戦』にて、IBF世界同級王者だったゲンナジー・ゴロフキン選手と戦い、TKOで敗北。今年2月の22年度年間優秀選手表彰式で「あの試合が僕の中では最後だと思っている。まだ発表できていないだけの話で、個人的にはそう思っています」などと事実上の現役引退を表明していた。



 この日、会見に登壇した村田選手は、はじめにファンやジム、スポンサーなどに感謝。続けて「僕自身がボクシングに求めるものや、ボクシング界にできることはもうないのかなと思った」と引退への思いを打ち明けた。



 ゴロフキン選手との一戦を迎える前から「これが最後だと思っていた」と明かすが、試合後は「あの時ああしていれば…という反省もあって悩んだ」という。しかし「新たな勉強を始めることができたりもして、いい1年だったと思う。抜け殻ではなかった」と振り返った。



 そして、「ボクサーとしては引退ですが、きょうは新たなスタートだと宣言する場だと思っています。これからもみなさんと一緒になにかを成し遂げていきたい」と満面の笑みで伝えた。



関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース