【エンタメ総合】
劇団ひとり「歯茎がずっと膿んでいる状態」から、秋元真夏「新宿の伊勢丹にいるから来て!」から“決断”

23日放送『必ず答えが見つかる“多角的”情報バラエティ 決断ひとり』に出演する(左から)秋元真夏、丸山桂里奈、劇団ひとり、ホラン千秋、藤本美貴、アンミカ(C)カンテレ


 お笑い芸人・劇団ひとりとタレント・ホラン千秋がMCを務めるカンテレ特別番組『必ず答えが見つかる“多角的”情報バラエティ 決断ひとり』が、23日に放送される(後2:57~3:57 ※関西ローカル)。



【場面カット】ダイエット決断! お腹のお肉の状態を確認する丸山桂里奈&秋元真夏ら



 ゲストの悩みに対して、複数の有識者がさまざまな解決策を提案し、その中から1つ決断して実践するバラエティー。今回のテーマは“ダイエット”。悩みの解決法を求める“決断ゲスト”は、元サッカー日本代表・丸山桂里奈。スタジオには、アンミカ、藤本美貴、秋元真夏が登場する。



 ダイエットに時間と労力をかけられない忙しい丸山に向け、熱い思いを持つ専門家たちが熱烈プレゼン。「1日30秒の○○うがいで、我慢しない超楽ダイエット」「お腹のお肉をつまむだけで、ウエストを引き締めるエクササイズ」「正しく寝るだけで10キロ落とす方法」「超簡単に作れるスープをおいしく飲むだけで体が変わる」「カラオケ通いで年間35キロ減量」の5つの方法が紹介される。その後、丸山の挑戦を密着検証する。



 MCを務めたひとりは「この番組の良いところは、“えー!すごい!”って驚かなくちゃいけないことを、他の番組と違って“うそだ!信じられない!”って隠さず正直に言っていいところです(笑)。むしろ、我々が疑うことも、先生方が説得力のある言葉で説き伏せてくれました。先生方は、今回の結果によって今後のお仕事に影響が出るかもしれないので、言葉に重みがありましたね(笑)。“ダイエット”にもいろいろな方法があることを知られて面白かったです!」と振り返った。



 ホランは「ライフスタイルによって実践できるダイエット法が変わるので、人それぞれ合うものは本当に違うんだなと感じました。その道のプロの先生方に集まっていただいたので、疑問があったらなんでも答えてくださいましたし、1つの追加情報が決断ゲストの考えを大きく変えるのが興味深かったです。逆に、追加情報をゲストがマイナスに捉えるケースもあったので、その駆け引きもすごく面白かったです!」と収録を楽しんだ様子。



 ゲストの秋元は「ダイエットに挑戦したことは何回もありますが、そんな私でも新しくやってみたい、日常生活に取り入れたいと思う方法がたくさん聞けて、とても参考になりました!1つだけ“決断”する丸山さんは、大変だったと思います。中でも、1日30秒の○○うがいは、先生が根拠を力説してくださいましたが、収録を終えた今でも少し疑っているので、家に帰って試してみたいです!」と笑顔を見せた。



 自身が“決断ゲスト”としてこの番組に出演するとしたら、専門家の方々にどのような相談をしたいか聞くと、ひとりは「何年も悩んでいる腰痛です」と告白。「病院にも行って、いろいろな方法を試してきたんですけど、まだ“これだ!”という治療法には出会えていません。今日の収録を振り返っても、独自の解決策を持つ先生方がいらっしゃるので、一度聞いてみたいです」と明かした。



 一方、ホランは「睡眠です」と回答。「何よりも大切にしていることなのに、眠りがすごく浅くて悪夢ばかり見てしまいます(笑)。自分の“助けて!”っていう寝言で起きることもあるので、本当に苦しいです!」と嘆き「安眠できる方法を教えてください!」と懇願した。



 また、秋元は「私、実はすごく忘れっぽくて…」と切り出し「クレジットカードの暗証番号を設定した直後に分からなくなったことがあります」と衝撃の告白。続けて「番組の事前アンケートで“最近あった○○なエピソード”を書く時に、楽しかったこともうれしかったことも何も覚えていないので困っています」と打ち明け「記憶を保つための良い方法を知りたいです!」と話した。加えて「めんどくさがりでもあるので、趣味を見つけるのがすごく苦手です。そんな私でも挑戦しやすい趣味をプレゼンしていただいて、その中から1つ試してみたいです!」と“決断ゲスト”への意欲を見せた。



 さらに、番組名にちなんで最近“決断”したことを聞くと、ひとりは「歯茎がずっと膿んでいる状態だったので、ずっと歯の治療をしていたんですが、結局1年以上続けても良くならなくて。このまま自歯を地道に治していくか、インプラントにするかという“決断”をお医者さんに迫られまして。結果、つらかったですが、インプラントを選びました。これまでやってきた治療が全て無駄になる上に、追加で50万円くらいかかるわけですから…」と顔を曇らせた。



 ホランは「ガーデニングが好きなので、ベランダ菜園でハーブなどを育てています。毎年虫がついてしまうので、その度に歯ブラシで綺麗に虫だけ落としてなんとか延命させていたんですが、今年ばかりはレモンがハダニにやられてしまいまして。実がなって食べるものなので薬は使いたくないとなると、どうにもこうにもならず。挙げ句、他の植木にハダニが移るのも嫌なので、種から5年間育てたレモンでしたが、断腸の思いで伐採することを“決断”しました」と悔やんだ。



 秋元は「仕事終わりに突然母から“新宿の伊勢丹にいるから来て!”って呼び出されて。なんだろうと思って行ったら、“30歳の誕生日のお祝いにネックレスを買ってあげるから選んで!どれでもいいよ!”と言ってくれました。小さい頃、誕生日プレゼントで“どれでもいい”なんて言われたことがなかったので、すごくびっくりして。30歳ってそんなにも大きな節目なのか~と。たくさん並んでいる中から1つ、わりといい値段のするものを“決断”しました(笑)!」と心温まるエピソードを披露した。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース