【エンタメ総合】
勝地涼、大河での“ゴキブリ扱い”から4年 ついに織田信長役に歓喜「オレですか?」

織田信長役に歓喜したと語った勝地涼 (C)ORICON NewS inc.


 俳優の勝地涼(37)、玉置玲央(38)、忍成修吾(42)、田中要次(60)が21日、NHK大阪放送局(大阪市中央区)で、『激突!合戦将棋~姉川の戦い~』の収録を行った。名だたる合戦の攻防を「将棋対局」スタイルで紹介する異色ドラマ。勝地は「織田信長役の勝地涼です」と胸を張った。



【写真】甲冑姿で凛々しく佇む忍成修吾&勝地涼&玉置玲央&田中要次



 大津放送局が地域発番組として手がけ、第1弾「賤ヶ岳の戦い」が今年6月に関西地方、8月に全国で放送され反響を呼んだ。第2弾では、義兄弟であった信長と長政の因縁の戦い「姉川の戦い」を描く。関西では12月15日に総合テレビ(後10:45~11:12)、全国では大みそかにEテレ(後1:27~1:54)で放送。



 信長役の勝地のほか、玉置が浅井長政役、忍成が徳川家康役、田中が朝倉景健役で、4人が凛々しい武将姿を披露する一方、シュールに将棋スタイルで対局する姿が見どころ。



 収録合間の取材会では、本格的な鎧甲冑(よろいかっちゅう)&口ひげをつけた勝地が「大河ドラマを出させていただいても、なかなか戦国時代を演じたことがなかった。最後は(2019年の大河ドラマ)『いだてん』で美川くんという役で、“ゴキブリ”と言われる役だった。まさかNHKさんが勝地を織田信長で使ってくださるとは思っていなかった。『オレですか?』って思いました」と笑わせた。



 すっかりその気の勝地は「これを機に大河で織田信長をやります!」とアピール。一方、甲冑姿には「動けない」と苦笑い。しかも合戦シーンではなく、座布団に座っての“心理戦”に挑戦。「(信長と長政が)もし向かい合っていたら、目を合わせていたのか?そらしていたのか?」と想像を膨らませ、芝居に熱が入った。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース