【エンタメ総合】
【『特捜9』座談会】Snow Man向井康二、現場では“たっちゃん”呼び浸透 山田裕貴が命名「要素まったくないのに(笑)」

『特捜9 season7』囲み取材に登場した山田裕貴(C)ORICON NewS inc.


 「STARTO ENTERTAINMENT」取締役COOで20th Centuryの井ノ原快彦(47)、俳優の山田裕貴(33)が3日、きょう初回放送を迎えるテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season7』(毎週水曜 後9:00)の座談会に登場した。



【写真】和気あいあい!結婚発表の山田裕貴を愛あるいじりで祝福した井ノ原快彦



 2006年にスタートした『警視庁捜査一課9係』時代から、『特捜9』(2018年~)を経て、通算19シーズン目となる今作のテーマは“多様性”。特別捜査官の主任・浅輪直樹を井ノ原、その部下で巡査の新藤亮を山田が演じる。



 山田と同世代の三ツ矢翔平役・向井康二(Snow Man)について話が及ぶと、山田は「振り付けはどういう風に覚えてるかとか、休みの日何してんのとか聞いたり、結構料理するんですよみたいなこと言われたり…」と親しい間柄だと話す。



 山田は「あと、なぜかすごく接しやすいし、しゃべりやすいので、誰も呼んでないようなあだ名をつけたいなって思い“たっちゃん”と名付けました(笑)」と明かす。「なぜか“たっちゃん”ぽいなと思って」という山田に、井ノ原は「現場ではたっちゃんだもんね。たっちゃん要素まったくないのに(笑)」とツッコミ。



 また、井ノ原は向井に対し、山田の結婚発表に乗じて「伝え忘れていたので『デビューおめでとう』って言いました。4年前ですけど(笑)」とお茶目にボケたそうだが向井は困惑。「意外とあんな感じだけど、ボケとかに乗ってこないんです(笑)」といい、「真面目なんですよ。ぜひ“たっちゃん”と呼んであげてください(笑)」とあたたかく受け止めていた。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース