【エンタメ総合】
佐々木蔵之介の主演舞台『破門フェデリコ』上演決定 “皇帝”佐々木の息子・ハインリヒ役に上田竜也【コメントあり】

「PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』」ビジュアル


 俳優の佐々木蔵之介が「PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』」で主演を務めることが21日、発表された。息子役を上田竜也(KAT-TUN)が演じ、8月に東京、9月に愛知、大阪、福岡で上演される。



【写真】大河ドラマで藤原宣孝を演じる佐々木蔵之介



 皇帝・フェデリコを演じる佐々木は、自身が主宰する演劇ユニット「Team申」の第5回本公演『君子無朋(くんしにともなし)」(2021年8月)以来3年ぶりに、作・阿部修英氏×演出・東憲司氏のコラボレーションに臨む。



 今作は、キリスト教に支配されていた中世ヨーロッパで、当時の最高権力者のローマ教皇から最大の罪である「破門」を3度言い渡されながら、たった1人で時代の門を破り、次の時代をこじ開けた皇帝・フェデリコの実像に迫る。実の息子をも敵に回し、異教の君主と友情を育むなど誰も思いもよらない方法で前人未到の道に進もうとした男の真実とは何かを描く。時代の閉塞感を一気に貫き、開かずの「門」を「破る」現代に届けたいエンターテイメントとなっている。



 上田は、フェデリコの息子のドイツ王・ハインリヒを演じる。ハインリヒは、父とは正反対の道に進み、老獪なるローマ教皇グレゴリウスと結託。父に反旗をひるがえし、皇帝の座を奪い取ろうとする。父子の対立と確執はどこへ向かうかも見どころとなる。



 また、イスラム教の聖地・エルサレムを奪還すべく十字軍の遠征に執念を燃やすカトリック最高権威者であるローマ教皇・グレゴリウスを六角精児が演じる。時空を超え、世界の行く末を見守り続ける常闇の一族の末裔・イザベルを那須凜、フェデリコが唯一心を通わせ、心震わせたイスラムの君主であるアル・カーミルを 栗原英雄が哀愁と知性をただよわせながら演じる。



 さらに、話題作への出演が続く「劇団柿喰う客」の田中穂先、東氏の演出作でひときわ活躍する石原由宇ら、豪華な実力派キャストが集結する。



 出演決定にあたって、佐々木は「『フェデリコって誰?!』って聞いたところ、人類史上最も長く続いたキリスト教とイスラムの戦争を、1滴の血も流さず、エルサレム無血開城で終わらせたリーダー。しかも、クイズと文通で。ローマ教皇に生涯3度も破門された王。レッドカードを出されて退場だと3度も言われてるのに、ボール蹴り続けて試合してた無法者。あと、マッドサイエンティストばりの実験や、8ヶ国語を話し、8角形の謎の城を建てたり、とか。破格に天才で狂人で悪魔のようなフェデリコを演じます」と気合十分。「脚本の阿部修英さん、演出の東憲司さん、キャストの上田竜也さんはじめ、信頼できる仲間たちと、時代を変え、限界を超え、奇跡を起こした人たちの物語に挑みます!劇場にて、皆さまのご来場をお待ちしております」と呼びかけた。



 上田は「舞台経験豊富な方々に囲まれて良い刺激の中、勉強させていただきながら、この作品を楽しみたいと思っています。そしてどんな現場になるか、それも楽しみです。また新しい世界へファンの方を連れていけると思うので、楽しみに震えて待っていてください」と期待を高めた。



 同公演は、8月6日から9月1日まで東京・PARCO劇場、9月7、8日に愛知・Nitetta日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、11日から16日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、21、22日に福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールで上演される。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

新規求人/搬入・搬出/ピッキング/各種手当充実/昇給あり/「守谷市」 【株式会社シンケン】
 エリア:茨城県
雇用形態:正社員
  給与:月給23万円~25万円

【仕事内容】仕事内容 飲料缶の廃棄作業 1.廃棄商品を倉庫からフォークリフトで廃棄場へ運搬 2.段ボールに入った廃棄商品(飲料缶)を箱から出して廃棄コンベアに投入します。 3.パレットがたまったら倉庫に仕舞います 勤務開始日はお気軽にご相談ください!! ️巨大フォークリフト有り ️ 乗り物の運転が得意な方、乗り物に興味がある方に必見! 「5・5t巨大フォークリフト」の仕事があります! 誰もが初...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース