【映画】
吉瀬美智子、舘ひろしのバックハグにときめき「本当にキュンってなる」

映画『帰ってきた あぶない刑事』完成披露舞台あいさつに登壇した吉瀬美智子 (C)ORICON NewS inc.


俳優の吉瀬美智子(49)が3日、神奈川県内で行われた映画『帰ってきた あぶない刑事』完成披露舞台あいさつに登壇した。



 1986年のテレビドラマ放映開始から37年。当時社会現象を巻き起こし、ドラマ&映画史上において「伝説」を作った『あぶない刑事』シリーズ。前作の映画『さらば あぶない刑事』では、刑事を辞めてニュージーランドで探偵事務所を開設したタカ(舘)&ユージ(柴田)。今作では探偵として横浜に帰ってくる。



【動画】吉瀬美智子、舘ひろし&柴田恭兵の“70代の色気”にうっとり



 この日は舘ひろし(74)、柴田恭兵(72)、浅野温子(63)、仲村トオル(58)のおなじみのキャストと、今作から加わる吉瀬のほかにも土屋太鳳(29)、西野七瀬(29)らが参加した。



 子どもの頃から今作に親しんできたという吉瀬は「若い時に見ていたので、目の前に本人が…。なにをしゃべっていいかわからず最初に会った記憶がほぼない」というほど興奮。「イケオジで、イケメンで…。(舘に)バックハグを…されちゃうんですよ。本当にキュンってなるんですよ」とうっとり明かした。



 さらに「私も一生懸命香水をつけて、タカさんに好きになってもらおうと、色気を一生懸命にふりまいていますので、いい香りがしていると思ってください。本当に2人ともすてきで恋におちる感じです」と力説。舘は「あの芝居にすべてをかけました」と不敵にほほえんだ。



関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース