【エンタメ総合】
【THE SECOND】有田哲平“漫才の裏側”指摘に大吉ツッコミ「やめてください!」

くりぃむしちゅー・有田哲平(C)ORICON NewS inc.


 “結成16年以上”の漫才師たちによる、フジテレビの賞レース『THE SECOND~漫才トーナメント~2024』が18日に生放送(後7:00~11:10)。第2試合はラフ次元VSガクテンソクで、軽妙な漫才を披露したガクテンソクが勝ち上がった。“ハイパーゼネラルマネージャー”のくりぃむしちゅー・有田哲平は、戦評を行う中で、思わず“漫才の仕組み”をぶっちゃけ、周りを慌てさせた。



【集合カット】2代目王者は誰だ…!抽選会でもバチバチだった出演者たち



 有田は「2組とも、漫才のネタが何回も練習しているのに、それを知らないフリをしながらやっていく技術がいるじゃないですか?」とにっこり。博多大吉がすかさず「漫才をそんな言い方やめてください!」とツッコミを入れ、東野幸治が「ハイパー取り上げます」と続けた。



 有田はその後に「ラフ次元も本当にすばらしい。これはトップの漫才。とにかくハイパーでした」と賛辞。大吉も「ラフ次元、すごくよかったと思いますけど、感心の方が勝ってしまった」、博多華丸も「ラフ次元、どんな企業の立食パーティーにも推薦できます」と呼びかけていた。



 4月20日・21日に「ノックアウトステージ16→8」が開催された。16組の漫才師たちが2組ずつ登場し、1対1の“タイマン”形式でし烈なネタバトルを展開。激戦の末、「グランプリファイナル」に出場するファイナリスト8組(タモンズ、ハンジロウ、ななまがり、金属バット、ザ・パンチ、タイムマシーン3号、ガクテンソク、ラフ次元)が決定した。



 MCの東野幸治、ハイパーゼネラルマネージャーのくりぃむしちゅー・有田哲平、そしてスペシャルサポーターの博多華丸・大吉が見守る中、王座をかけて激突。組み合わせ抽選の結果、第1試合はハンジロウVS金属バット、第2試合はラフ次元VSガクテンソク、第3試合はななまがりVSタモンズ、第4試合はタイムマシーン3号VSザ・パンチとなっている。



■『THE SECOND~漫才トーナメント~2024』

<第1試合>

ハンジロウ:271点(1点:0人、2点:29人、3点:71人)

金属バット:291点(1点:0人、2点:9人、3点:91人)



<第2試合>

ラフ次元:255点(1点:2人、2点:41人、3点:57人)

ガクテンソク:288点(1点:0人、2点:12人、3点:88人)

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

営業/管理職 および管理職候補「飼料業界のリーディングカンパニー/総合職 初期配属営業」 【フィード・ワン株式会社】
 エリア:茨城県
雇用形態:
  給与:年収800万円~1,000万円

【仕事内容】<職種>営業>法人営業 <業種>メーカー>食品・飲料 会員属性などに応じ、当該求人をビズリーチ上で閲覧された際に内容が異なる場合があります 「おいしさのみなもと」を支える仕事です。 肉、魚、卵など畜水産物を作るために必要となる「配合飼料」。その飼料を製造するのが我々の大きな仕事の一つです。 私たちのmissionは「Feedをはじめの一歩として、畜・水産業界の持続的発展に貢献し、...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース