【エンタメ総合】
照朝(間宮祥太朗)に最大の衝撃 最大の敵“ガイド”の正体明らかに 『アクマゲーム』第8話見どころ

『ACMA:GAME アクマゲーム』第7話より(C)日本テレビ


 俳優の間宮祥太朗が主演を務める日本テレビ系4月期日曜ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』(毎週日曜 後10:30)の第7話が、きょう19日に放送された。それを受けて、次週放送の第8話の見どころが公開された。



【場面写真】真剣な表情でゲームに挑む初(田中樹)



 2013年から2017年に『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された、原作・メーブ氏、作画・恵広史氏による同名漫画を超大型プロジェクトとして、完全実写化。13年前、父・清司を謎の組織に殺され、すべてを失った織田照朝(間宮)は、99本集めると、この世のすべてを手にすることができると言われる「悪魔の鍵」を賭けて争う、命がけの「アクマゲーム」に挑む。照朝は時に人の命を奪い合う“究極のデスゲーム”に翻弄(ほんろう)されながらも、仲間とともに鍵の謎に迫っていく。



 「アクマゲームトーナメント」は、2回戦に突入。照朝は式部紫(嵐莉菜)とタッグを組み、大親友だったが照朝を裏切り「グングニル」側についた初&伊達俊一郎(福山翔大)チームと対戦した。



※以下、ネタバレあり



 照朝は、予想以上の実力を身に付けていた初に思考を完璧に読まれて苦戦。互いの「悪魔の力」を駆使した激しい攻防の末、最後は紫が渾身の演技で初を欺き、照朝チームが勝利を収めた。



 敗れて肩を落とす初に、照朝は「俺に“仲間がいると強い”って教えてくれたのは、初、おまえだよ」と、優しく声をかける。しかし、初は何も言わずに会場を去った。



 一方、眞鍋悠季は森の中で「グングニル」のアジトとおぼしき地下施設を発見。照朝は悠季の情報を頼りに地下施設を目指すが、転落しそうな絶体絶命の状況に。すると、照朝の前に初が現れた。



 「グングニル」のアジトとおぼしき地下施設を目指す照朝は、転落しそうになったところを間一髪で初に救われる。裏切ったはずの初がなぜ目の前にいるのか。照朝を監視していたかのようなタイミングでの初の登場に戸惑う。



 一方、ホテルでは「アクマゲームトーナメント」2回戦第2試合の上杉潜夜(竜星涼)&悠季チームと天才棋士・毛利明(増田昇太)&カリスマユーチューバー浅井満(坂口涼太郎)チームの対戦が始まる。潜夜は、天才棋士・毛利の弱点を発見して勝利を確信するが、思わぬ落とし穴が潜んでいる。



そして、「グングニル」の目的を暴き出そうとする照朝に最大の衝撃が訪れる。遂に明らかになる、ガイドの正体とは。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

アパレル店でのアルバイトスタッフ・未経験OK・時給1200円 【ONWARD CROSSET SELECT イーアスつくば】
 エリア:茨城県
雇用形態:アルバイト・パート
  給与:時給1,200円~

【仕事内容】ファッションに関わるお仕事しませんか? ️学歴不問・経験不問・未経験でも大丈夫です ️ ー ファッション好きなあなたにオススメの求人です! 9月から新オープンの店舗にてオープニングスタッフとしてご活躍していただきます! ー <オープニングスタッフの魅力 > ️フラットな人間関係が築きやすい! ️みんなで1からやり遂げる達成感を感じやすい! ️お店もきれいで仕事...

スポンサー:求人ボックス

全国・世界のニュース