【エンタメ総合】
『光る君へ』吉高由里子、求婚シーンを回想「びっくり。まさかまさかの親戚」【君かたり】

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK


 大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)キャストの撮影現場からのコメントを届ける「君かたり」が、同局の公式サイト内で更新された。今回は、まひろを演じる吉高由里子の声を紹介する。



【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…



――宣孝からの告白について

いや、びっくりだと思いますね。こんなに昔から知っている人で、まさかまさかの親戚ですよね。だって言ってしまえば、これもこの時代をやっている醍醐味でもあるのかと思いながら、だけどそうですね、まひろも心境も変わってきているので、誰かの妻になるということが大真面目に考えなくてもいいのではっていうような考えになってきているときなので、なんだろう…その時代の一人の女性としての成長というか、捉え方の成長というのを感じましたね。



――周明に利用されて

ちょっと心開いていた分、情けないというか愚かな自分の自覚もあると思うし、でも何か見捨てられない助けてあげたい気持ちも周明に湧いているんじゃないかなとも思うし、やっぱりいろんな経験もここまでくるのに、まひろは見たり経験したりしていますから、20代ではあるけれど今の感覚というか、一日の覚悟が違うんじゃないかなっていう感じはありまして、「いろいろあるな、生きていれば」とか思っているんじゃないですかね。「利用された、ショック、もう生きていけない」とかじゃなくて、「生きていればいろいろあるな」ぐらいの感じで客観的に見ているんじゃないかな。そういう一喜一憂も自分のことも客観的に見る視線があるから、『源氏物語』という物語につながっていくのかな、すべての出来事はっていう感じがしました。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース