【アニメ】
『黒執事』7月から長期休載へ デビューから20年…クライマックスに向け作者が休暇

『黒執事』7月から長期休載へ


 漫画『黒執事』(作者・枢やな氏)が、長期休載することが、連載誌『月刊Gファンタジー』の公式Xにて発表された。7月18日発売の8月号より休載し、休載中は過去連載分を再掲載する。



【画像】大病は否定!作者&編集部の『黒執事』長期休載の説明全文



 Xでは作者・枢やな氏からのコメントが掲載され、「黒執事を応援してくださっている皆様へ」とし、「誠にありがとうございます。この度、少し長めのメンテナンス体暇をいただくことになりました!」と報告。



 「2004年にデビューして以来、2024年で画業20年。この長い間、大病せず、休みなく走り続けられたのは、皆様の温かい支援があったからに他なりません」と読者に感謝した。



 「この期間に心身をしっかりと整えつつ、『黒執事』のクライマックスに向けて必要な取材と準備を進めます。毎月連載を楽しみにしてくださっていた皆様には、大変申し訳ございません。最高のコンディションで戻ってきますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです」と理解を求めた。



 また編集部は「なお連載再開につきましては決定し次第、月刊『Gファンタジー』本誌にて発表させていただきます。また、次号からの休載期間は『黒執事』過去連載分を再掲載させていただく予定です。よろしくお願いいたします」と伝えた。



 2006年より連載中の『黒執事』は、英国の名門貴族「ファントムハイヴ家」の12歳の当主・シエルと、完璧のスーパー執事・セバスチャンの物語。英国裏社会の秩序を守る悪の貴族であることから、政府からさまざまな依頼を受け任務にあたるストーリーとなっている。



 全世界シリーズ累計3500万部を超える人気作品で、テレビアニメ・劇場アニメと6度のアニメ化がされており、舞台化のほか、2014年には水嶋ヒロ&剛力彩芽で実写映画化もされている。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース