【エンタメ総合】
JO1河野純喜、高校デビューで大立ち回り 1クラスずつ周りEXILE「Ti Amo」熱唱で「完全にスタートダッシュをミスりました」

高校デビューでミスしたエピソードを明かしたJO1・河野純喜 (C)ORICON NewS inc.


 俳優の河野純喜(JO1)が18日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系火ドラ★イレブン『あの子の子ども』(6月25日スタート、毎週火曜 後11:00)の制作会見に参加した。



【写真】素敵ショット!河野純喜の発言に爆笑する細田佳央太



 高校が舞台の物語で、高校時代の思い出を語ることに。自他ともに認める明るいキャラクターの河野は「想像通りの本当に目立ちたがり屋で(笑)。高校入学した初日に1年1組から1年10組まであったんですけど、友だちをいっぱい増やしたくて、1組から10組までクラスに入って歌を歌ってました」と明かした。



 MCが苦笑いを浮かべる中、河野は「曲も言っていいですか?EXILEさんの『Ti Amo』です。ポップな感じじゃなくてバラードで、ちょっとでも知ってもらおうかなと思って!」と付け加える。ただ、作戦は大失敗だったそうで「そこから『ヤバいヤツ』呼ばわりです(笑)。完全にスタートダッシュをミスりましたけど、そこから巻き返してムードメーカーに。とにかく楽しんでいました」と笑っていた。河野のトークを聞いていた茅島みずきは「ちょっとヤバいですね」と苦笑いも「選曲はいいなと思いました!」とフォローしていた。



 会見には、桜田ひより、細田佳央太も参加した。



 蒼井まもる氏による同名原作は、“高校生の妊娠”をテーマに、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校生カップルを通じ、恋愛の先にある10代の妊娠を描く少女漫画として注目を集めてきた。『別冊フレンド』(講談社)で連載中で、国内だけでなく、アメリカの漫画賞、2024年「アイズナー賞」の「ティーン向けベスト出版」で最終ノミネートされた。



 高校2年生の福(桜田)と、幼なじみの恋人・宝(細田)の関係は親も公認で、別々の高校に通いながら穏やかな青春時代を過ごしていた。やがて、自然な流れで愛し合い、結ばれる。そして、福の妊娠が発覚。決してなかったことにできない現実に悩み、葛藤する2人は、本当に子どもを産んで育てられるのか…。



関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース