【エンタメ総合】
生田絵梨花主演『素晴らしき哉、先生!』柳沢慎吾、萬田久子、鈴木紗理奈ら主要キャスト発表【役柄一覧】

ABCテレビ・テレビ朝日系『素晴らしき哉、先生!』主要キャスト一覧(C)ABCテレビ


 俳優・歌手の生田絵梨花(27)が、地上波連続ドラマ初主演で高校教師役に挑戦する、ABCテレビ・テレビ朝日系日10枠『素晴らしき哉(かな)、先生!』(夏スタート、毎週日曜 後10:00)の主要キャストが解禁された。



【写真】『素晴らしき哉、先生!』主要キャスト一覧



 宅間孝行脚本・演出で、新米教師の成長を描くオリジナルストーリー。理不尽な教育現場で、辞め時を探しながらも、なんだかんだ生徒のために奮闘していく、2年目の高校教師・笹岡りお(24/生田)の姿を描く。



 りおと一緒に、3年C組のために奮闘する副担任・山添快斗(22)を演じるのは葉山奨之。学生時代にサッカーに打ち込んだ快斗は、初対面の保護者にも臆せず英語であいさつしてしまうような元気はつらつの英語教師。始まったばかりの教師人生に目を輝かせる快斗だが、新人の彼は教師の仕事のなんたるかをまだ知らない。そんな快斗が、はたしてりお

のサポート役として機能するのか。



 りおの先輩で良き相談相手でもある美術教師・大隈豪(35)を演じるのは桐山漣(※漣のしんにょうの点はひとつ)。何よりも実利を優先する豪は、残業や休日業務の要請には一切応じないため、職員室ではひんしゅくを買っているが、本人はどこ吹く風。なにかと抱えがちなりおにも、「頑張る必要ないからね」と、仕事とのほどほどな距離感を説く。熱心な教師像とは反対のふるまいが目につく豪だが、そうなってしまった理由が徐々に明かされる。



 昔ながらの熱血体育教師・木元重明(46)を演じるのは浜谷健司(ハマカーン)。問題に直面した時、木元は教師として真っ当な意見を述べるが、解決にあまり役立たないため、りおたち若手教師からやや煙たがられている。特に、豪とは対極的な考えを持ち、働き方をめぐって激しくぶつかる場面も。



 3年C組の生徒・沢井谷玲奈(茅島みずき)の母・夏子(43)を演じるのは鈴木紗理奈。玲奈をはじめ3人の子どもを持つシングルマザーの夏子は、酒・金・男に自由奔放で、愛情が無いわけではないが、子育てはおざなり。玲奈の将来も考えず夜のバイトをさせたり、学校との面談にも応じなかったり、玲奈だけでなくりおたち教師をも苦しめる。そんな夏子の言動が呼び水となり、ある事件が勃発する。



 玲奈が働く夜の店に通う、羽ぶりのいい客・吉沢誠(50)を演じるのは田口浩正。吉沢は玲奈を気に入り、すぐに玲奈の母・夏子が経営するスナックにも顔を出すように。実はりおの父親とも関係のある吉沢だが、物語の後半で重要な鍵を握ることになる。



 りおが勤める星陽学園の学園長・山城陽子(63)を演じるのは萬田久子。より良き学園づくりを目指す優れた教育者の陽子は、若い教師たちの感性を素直に享受し、相手の立場から物事を考えられる人物。一方、好きな言葉は「前代未聞」で、りおもびっくりな判断を下すことも。



 管理職の典型で、常に小言を言っている星陽学園の教頭・中路克博(60)を演じるのは柳沢慎吾。面倒事は体よく若手に振り、現場には極力関わろうとしない中路だが、いざとなれば権力に対して頭を下げることは、りおたちより断然得意。それが保身のためなのか、実は先生や生徒を守るためなのか、中路の心情や行動原理も柳沢が丁寧に表現していく。

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース