【映画】
山寺宏一、『ビバリーヒルズ・コップ』30年ぶりカムバック 井上和彦、池田勝、堀内賢雄らも大集結

アクセル・フォーリー(演:エディ・マーフィ/吹替:山寺宏一)=Netflix映画『ビバリーヒルズ・コップ:アクセル・フォーリー』7月3日より世界独占配信


 動画配信サービス「Netflix」で7月3日より世界独占配信される映画『ビバリーヒルズ・コップ:アクセル・フォーリー』の吹替版予告が解禁された。エディ・マーフィが演じる、腕は確かだが型破りなデトロイト市警察の“スーパー刑事”アクセル・フォーリーが、ビバリーヒルズで難事件に挑む人気アクションシリーズの約30年ぶりの新作。エディ・マーフィの吹替はもちろん山寺宏一。「待ちに待ったビバリーヒルズ・コップの最新作で、久々にアクセルの吹き替えを担当できるのはこの上無い喜びです」とコメントしている。



【動画】映画『ビバリーヒルズ・コップ: アクセル・フォーリー』日本語吹替版予告編



 吹替版では、かつてのアクセルの相棒ウィリアム・“ビリー”・ローズウッド役に井上和彦、1・2作で活躍したジョン・タガート役に池田勝、1・3作に登場した“サージ”ことセルジュ役に堀内賢雄らも大集結。初登場となるアクセルの娘ジェーン役を田村睦心、ボビー役を内田夕夜、ケヴィン・ベーコンが演じるケイド役を安原義人が担当する。



 本作では、“元祖不適切男”のアクセルが久々に刑事に復帰し、新たな相棒ボビー(演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット)と組んでとある事件を担当することに。ビリー(演:ジャッジ・ラインホルド)やジョン(演:ジョン・アシュトン)らおなじみの仲間の力も借りながら悪の陰謀へと挑む。



 カムバックしたアクセルだったが、時代は流れ、捜査はいつも通りとはいかず、新相棒ボビーからは「街は変わったぞ」と忠告される。思春期の娘ジェーンとの関係もギクシャクしており、父親としての悩みも尽きない…。しかし、彼は持ち前の行動力と熱い正義感で、事件の真相へと突き進んでいく。



■山寺宏一のコメント(全文)



 エディ・マーフィは同い年。声優デビューした時から吹き替えするのが夢でした。後に夢は叶ったものの、その軽妙すぎるマシンガントークと独特のノリに四苦八苦。「声優としてエディ・マーフィに鍛えられた」と言えるでしょう。



 待ちに待ったビバリーヒルズ・コップの最新作で、久々にアクセルの吹き替えを担当できるのはこの上無い喜びです。言わせて下さい。時が経ってもビバリーヒルズ・コップ最高!歳を重ねてもアクセル・フォーリー最高!



関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース