【エンタメ総合】
松井珠理奈、KLP48プレイングマネージャー就任見合わせ「メンバーとして活動する事は考えておりませんでした」

松井珠理奈 photo:ウチダアキヤ(C)oricon ME inc.


 元SKE48の松井珠理奈が、AKB48の海外姉妹グループでマレーシア・クアラルンプールを拠点として今夏デビュー予定のKLP48のプレイングマネージャー就任を見合わせることが11日、グループの公式サイトで発表された。



【写真】AKB48のメンバー3人がKLP48移籍を発表



 KLP48運営会社は公式サイトで「5月18日に『松井珠理奈さん KLP48 プレイングマネージャー参加』について、弊社より発表した後、松井さんと具体的な業務提携について協議をさせて頂きました。マレーシアにおける今後の活動の詳細な情報について十分にご説明ができていない中、運営側では業務が進行をしている事が多く、現状松井さんにプレイングマネージャーをお願いするのは難しいとの判断になりました為、双方合意の上本件を依頼することを見合わせることに致しました」と報告。「松井さんをはじめ、KLP48を応援して頂いているファンの皆様、関係者の皆様にご迷惑をおかけ致しました事についてお詫び申し上げます」と謝罪した。



 松井珠理奈のコメントも掲載され、「スタッフの皆様と一緒に、サポートをしたいと心から思っておりましたので、このような形になってしまい本当に残念です。楽しみにしてくださっていた皆様、本当にごめんなさい」とお詫びした。



 5月のプレイングマネージャー就任発表時に運営サイドは「KLP48という新たな48グループのデビューに際し、松井さんとのご縁を頂き、運営側が助言・協力のお願いを協議する過程で、松井さんにはKLPメンバーへ、背中でもさまざまな思いを伝えてほしいと考え、アーティスト松井珠理奈としてもステージに立っていただきたいとお願いをさせていただいたところ、快諾をいただきました」と説明していた。



 しかし、今回の発表で松井は「日本から移籍を決めたメンバーと同じように、私も覚悟を持って卒業しましたので、また48グループメンバーとして活動する事は考えておりませんでした」と、現役復帰の意思はなく、運営サイドの意向との食い違いがあったことを示唆した。



 デビューを控えるKLP48メンバーに向け、「KLP48の主役である1期生、メンバー達が輝けるステージが待っていること、自分らしく活動できる環境があることを心より願っております」とメッセージ。「プレイングマネージャーという形ではありませんが、これからも、KLP48をはじめ、大好きな海外48グループを応援させていただきます!!」とエールを送った。



 自身の今後については「私もアーティストとして成長した姿を観ていただけるよう、頑張ります!!」と結んだ。



■松井珠理奈コメント全文



この度、KLP48をサポートしてほしいというお話を聞いた時、いつも温かく迎えてくださるファンの皆様、そして海外48グループへの恩返しができると、とても嬉しく思いました。



スタッフの皆様と一緒に、サポートをしたいと心から思っておりましたので、このような形になってしまい本当に残念です。



楽しみにしてくださっていた皆様、本当にごめんなさい。



日本から移籍を決めたメンバーと同じように、私も覚悟を持って卒業しましたので、また48グループメンバーとして活動する事は考えておりませんでした。



発表後は、大きな反響をいただき海外にもたくさんのファンの皆様がいることを知り、嬉しい気持ちになりました。温かいメッセージをくださり、本当にありがとうございました。



今後は、KLP48の主役である1期生、メンバー達が輝けるステージが待っていること、自分らしく活動できる環境があることを心より願っております。



プレイングマネージャーという形ではありませんが、これからも、 KLP48をはじめ、大好きな海外48グループを応援させていただきます!!



私もアーティストとして成長した姿を観ていただけるよう、頑張ります!!



皆様、これからも48グループへの応援よろしくお願い致します!!



松井珠理奈

関連記事


最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース