2019年06月12日(水) 17時54分
共同通信社

サッカーの長友、東京五輪へ意欲

「準備して結果待つ」

 東京都内で開かれたイベントで、子どもたちと記念撮影に応じるサッカー日本代表の長友(奥左)=12日
 東京都内で開かれたイベントで、子どもたちと記念撮影に応じるサッカー日本代表の長友(奥左)=12日

サッカーの日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)が12日、東京都内のイベントに出席し、2020年東京五輪の代表入りに「欲してくれれば戦いたい。しっかりとできる準備をして結果を待ちたい」と意欲を示した。五輪の男子サッカーは原則23歳以下で行われ、同じく意欲的な本田圭佑や長友ら24歳以上の選手はオーバーエージ枠での出場を目指す。
長友は08年北京五輪に出場したが、日本は1次リーグで3戦全敗。「何の経験もなく飛び込んだものの、自分の力を発揮できなかった。今は経験もあるので若手のメンタルサポートができると思う。出場したら走って貢献する」と意気込んだ。
(共同)

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス