2019年07月12日(金) 22時22分
共同通信社

ボクシング、藤岡奈穂子が防衛

WBA女子フライ級、引き分けで

 10回、天海ツナミ(手前)を攻める藤岡奈穂子=後楽園ホール
 10回、天海ツナミ(手前)を攻める藤岡奈穂子=後楽園ホール

世界ボクシング協会(WBA)女子フライ級タイトルマッチ10回戦は12日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が、挑戦者で世界ボクシング機構(WBO)女子ライトフライ級王者の天海ツナミ(山木)と三者三様の判定で引き分け、2度目の防衛を果たした。
2017年12月に男女を通じ日本選手初の世界5階級制覇を達成した43歳の藤岡は序盤、相手のスピードに翻弄されたが、中盤以降、ボディー攻撃を中心にリズムをつかんだ。藤岡は21戦18勝(7KO)1分け2敗、34歳の天海は26戦16勝(11KO)1分け9敗となった。
(共同)

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 17 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス