元監督のパワハラ認めず

 奈良地裁
 奈良地裁
奈良県立山辺高サッカー部で監督だった元Jリーガー興津大三氏からパワーハラスメントを受けたとして、元部員の男性2人が、興津氏と、同校サッカー部と提携する食品会社「天平フーズ」(奈良市)に計1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、奈良地裁であった。太田雅之裁判官は興津氏のパワハラは否定したが、うち1人の請求の一部を認め、興津氏と同社に計6万円の賠償を命じた。もう1人の請求は棄却した。
判決によると、同校サッカー部の部員は、天平フーズが運営するサッカースクールに所属し寮で生活。原告2人は興津氏から「荷物をまとめて帰れ」などと言われ退寮を余儀なくされたと訴えていた。
(共同)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース