鹿沼市長選で自公系敗北



任期満了に伴う栃木県鹿沼市長選は9日投開票され、立憲民主党県連幹事長を務めた元県議松井正一氏(58)が、元県議会議長小林幹夫氏(70)=自民、公明推薦=を破り、初当選を果たした。いずれも無所属新人。同県は自民党の茂木敏充幹事長の地元。派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、全国の首長選で自民推薦候補の敗北が相次いでいる。
投票率は52・72%で、前回を2・87ポイント下回った。市長選は事実上の与野党対決となった。
(共同)

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース