全仏テニス、アルカラスが初制覇



【パリ共同】テニスの四大大会第2戦、全仏オープン最終日は9日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝で第3シードの21歳、カルロス・アルカラス(スペイン)が第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に6―3、2―6、5―7、6―1、6―2で競り勝ち、初制覇を果たした。四大大会は3勝目で、優勝賞金240万ユーロ(約4億1千万円)を獲得した。
2021年東京五輪金メダリストで27歳のズベレフは四大大会初優勝を逃した。
女子ダブルスはコリ・ガウフ(米国)カテリナ・シニアコバ(チェコ)組が初優勝した。
(共同)

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース