【PR TIMES 食品・飲料 流通】
Pan&(パンド)の新しい顔!?バターじんわり染みる「メルティ塩バターパン」。お客様に好評いただき発売から約2ヶ月で累計販売個数2万個突破!

スタイルブレッド
焼きたてのパンを自宅で味わえる冷凍パンブランド、Pan&(パンド)公式オンライストア(https://pand.jp/)が、2022年4月15日(金)に発売した「メルティ塩バターパン」は、発売から約2ヶ月で累計販売個数2万個を突破いたしました。



地方のパン屋さんから誕生した「塩パン」は、今やどこのベーカリーでも定番人気となっており、老若男女問わず好まれ、専門店ができるほど。

パンドでは、インパクトを出しつつ飽きのこない味わいに仕上げるため、生地の食感や包むバターの量、形状・サイズ感に至るまでとことんこだわり、数ヵ月にわたる試作を繰り返し行い、誕生しました。





生地には海洋深層水100%の国産塩を、トッピングにはアルプス岩塩を使用。まろやかな塩味がバターのコクを一層引き立て、後を引く美味しさに仕上げました。サクッと歯切れの良いパン生地に、バターがじんわり染みわたった塩バターパン。
ひとつひとつ丁寧に手作業でバターを巻き、シンプルな材料のみで焼き上げています。



【お客様からよろこびの声を多数いただいております】


・2つはぺろり☆食事パンとして購入しましたが、おいしすぎて気づいたらパンだけで2つ食べていました…バターしっかりなのに、さっくり軽く食べやすい!

・焼いている時は部屋中にあま~いかおりが広がり、みんなでいいかおり~と顔を見合わせました。あつあつをたべて大満足。おいしかったです。

・待望の塩パン、待ってました!贅沢にも余すことなくバターが沢山使われてて、オーブンで3分ほど暖めたら底の部分がカリッとして美味しかったです。普段パンをあまり食べない父がパクパクと食べてました。ハニーソイに次ぐお気に入りパンになりました。



【商品概要】


商品名:メルティ塩バターパン





価格:販売価格:400円 / 定期会員価格:380円
内容量:1袋2個入り
原材料:小麦粉(国内製造)、バター、砂糖、食塩、パン酵母、モルトエキス、(一部に小麦・乳成分を含む)
保存方法:要冷凍(-18°C以下) ※冷凍クール便でお届けします。
賞味期限:冷凍した状態で製造日から365日間
商品URL:https://pand.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=559&cat=700133



定期会員購入「選べる定期便」について


パンドオンラインは定期購入と通常購入の2パターンご用意しております。

「選べる定期便」は、自分の好きなパンや惣菜を定期的にお届けする、便利でお得な焼きたてパンサブスクです。お届けする商品は、毎回自由に選ぶことができ、お届け時期も随時変更可能です。選べる定期便のご利用者様限定のお得な特典を多数ご提供しております。



「Pan&(パンド)」とは


厳選素材と伝統製法で仕込んだパンを、焼きたての最高の状態で急速冷凍した極上のプティパン。食べるその時が焼きたてのパンは、暮らしを豊かに彩ります。
封を開け、新鮮なパンを焼く時間は、妙に心が整います。

ほんの数分「待つ」とか「仕上げる」感覚を暮らしに取り入れ自分のペースを取り戻す、そんな自分へのご褒美となる特別なパンを目指します。

公式オンラインストア:https://pand.jp/



【会社概要】



会社名:株式会社スタイルブレッド
設立:2006年5月
代表者:代表取締役 田中 知
資本金:5,000万円
事業内容:パンの製造・販売

~沿革~
「Pan&(パンド)」を製造・販売する株式会社スタイルブレッドは、群馬県桐生市の大正時代から続くベーカリーが母体の会社です。今から約20年前、現在の代表・田中知が、まだベーカリー職人時代に、アメリカの冷凍パン工場へ視察に行った際、冷凍パンのおいしさと、「おいしいパンを冷凍するからおいしい」という言葉に感銘を受け、2006年から株式会社スタイルブレッドとして冷凍パンの販売をスタートいたしました。

自家製の発酵種<桐生酵母>や厳選素材を使用し、生地作りから焼き上がりまで2日間の低温長時間熟成を採用したこだわりのパンを、毎日群馬県桐生市にある自社工場で製造しています。

主にホテル・レストランを中心とする外食産業への業務用販売、現在までの取引実績は3,500以上に上ります。そしてスタイルブレッドの企業理念「パンを通じて上質な時間を創り、パンを通じて心の贅沢を創る。」のもと、2018年3月にコンシューマー向けブランド「Pan&」をスタートいたしました。忙しい毎日だからこそ、上質と節約を兼ね備えた、パンのある新しいライフスタイルを提案していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

    最近の記事

    ニュース一覧へ

    全国・世界のニュース