【PR TIMES ネットサービス・アプリ 広告・マーケティング】
【マンガでPR】トップクリエイターを活用した「マンガPR」サービスの提供開始



株式会社リンクアンドパートナーズ
株式会社リンクアンドパートナーズはこの度、新たに「マンガPR」のサービス提供を開始しました。



サービスの概要


マンガPRとは、SNS総フォロワー数5万人~100万人超えの漫画クリエイターを活用し、企業、商品・サービスのPR投稿を実施するサービスです。

《サービスの特徴》


マンガPRサービス以外にも、漫画制作納品、SNSキャンペーンなどのメニューもございます。

クリエイター紹介



やしろあずき
東京工科大学を卒業後、ゲームプランナーとしての経験を積み、現在はweb漫画家として活躍している。Xアカウントは54万人のフォロワーを持ち、社会人、家族、中二病といったテーマを扱った作品で注目を集めている。毎日更新している自身の日常を描いたブログ「やしろあずきの日常」も好評。また、誕生日にファンからたくさんの三角コーンが贈られることから、「三角コーンの人」としても広く認知されている。

X:https://twitter.com/yashi09
livedoor:https://yashiroazuki.blog.jp/
SNS総フォロワー数:79.1万人




ぬこー様ちゃん
8年間ブラック企業で働いた後、意外な転機が訪れ、イラスト専門学校の講師に。
その後、漫画家としてのキャリアをスタートし、何度かの打ち切りを経験したことが、自由なスタイルで漫画を描くきっかけとなる。最も得意とすることは競泳。エッセイ形式の漫画を中心に展開し、X上で高い知名度と人気を得ている。

X:https://twitter.com/nukosama
livedoor:https://nukoosama.livedoor.blog/
SNS総フォロワー数:52万人

この他にも、30名以上の漫画家がアサインしており、貴社の特徴に合わせた漫画家を紹介します。

マンガ市場




                                 引用元:出版科学研究所
上記のグラフから、電子コミック市場は9年間で500%の市場拡大していることが読み取れます。また、紙コミックスを含めても漫画市場の規模は右肩上がりとなっており、2017年から拡大し続けていることが分かります。

漫画は活字と比べ、読む難易度が低いという結果に


株式会社リンクアンドパートナーズは、全国の20代~50代の男女1,044名を対象に、「一般ユーザーを対象とした漫画に関する調査」を実施いたしました。

▼本調査レポート資料のダウンロードはこちら

https://service.link-ap.com/whitepaper12

「漫画と活字、どちらが読む難易度が低いですか?」と質問したところ、「漫画」が65.7%、「活字」が13.3%、「どちらとも言えない」が21.0%という回答になりました。

漫画のメリットは、「読みやすい」・「分かりやすい」が上位を占める



「漫画のメリットを教えてください(複数選択可)」では、上位から「読みやすい」が70.4%、「分かりやすい」が70.0%、「親近感がある」が31.1%という回答になりました。

上記の結果から、漫画の市場規模が年々拡大している要因には、漫画は活字よりも読む難易度が低いことや、漫画特有の視覚的な表現により、情報を分かりやすく、かつ読みやすい形で幅広い層に魅力を伝えられることが挙げられます。

このような経緯から、当社は漫画市場へ本格的に参入することとなりました。

広報・PRご担当者様必見の無料ホワイトペーパー
~事業者を対象とした漫画に関する調査|
https://service.link-ap.com/whitepaper07
~ブランディング戦略と課題に関する調査|
https://service.link-ap.com/whitepaper18

会社概要


社名:株式会社リンクアンドパートナーズ
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12−9エスティ青山ビル2F
代表取締役:中村 泰介
設立:2011年3月
事業内容:ブランドコンサルティング
コンテンツマーケティング
ネット集客支援
メディアPR代行
マンガPR
HP:https://www.link-ap.com/
TEL:03-5468-9902(代)
FAX:03-5468-9913




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

    最近の記事

    茨城の求人情報

    全国・世界のニュース