2021年1月12日(火)

《新型コロナ》茨城県内新たに67人感染 土浦の私立高クラスターか

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は11日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに67人確認されたと発表した。うち3人は、土浦市内の私立高校に通う同じ部活動の男子生徒で、同部の感染者は計5人となった。県は「クラスター(感染者集団)の可能性は否定できない」としている。県内の累計感染者は3207人となった。

県によると、同校では感染判明した部員5人のほかに、同じ部の生徒と教員24人を検査中。

ひたちなか市役所では30代男性職員の感染が判明。窓口対応に当たっていたが、住民に濃厚接触者はなく、職員の検査を行う。

感染が相次ぐ常総市内の食品加工工場では、新たに同市の60代男性の感染が判明。工場の感染者は計47人となった。

筑西市の80代女性は、同市内の高齢者福祉施設の利用者で、施設の感染者は計8人となった。

水戸赤十字病院(水戸市)では、新たに40代男性医療技術者1人の感染を確認した。院内の感染者は計8人。同病院は10日までにいったん全職員と全入院患者の検査を終えていたが、男性の感染判明を受け、接触疑いのある職員と患者計52人を再び検査している。うち32人は11日に陰性を確認した。

ほかに、県内の病院に勤務する八千代町と土浦市、龍ケ崎市の医療従事者男女3人の感染も分かった。医療体制に影響はない。

新型コロナ感染者のうち計33人が11日までに回復。県内の退院・退所などは計2374人となった。

■県内感染確認者
3207人(前日比+67人)
うち死者 40人
退院・退所等 2374人
(県発表、11日午後10時現在)



次の記事:34人感染 80代女性死亡 つくばの病院クラスター、計51人に

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 3 月 4 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス