2021年1月15日(金)

《新型コロナ》茨城県内新たに104人感染 高校バスケ参加9人増に

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は14日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計104人確認されたと発表した。1日の新規感染者数が100人を超えたのは、8、9日に続き3度目。うち9人は、感染が相次いでいる土浦市内の私立高バスケットボール部と、同部が出場した大会に参加した他校の生徒や教員ら。県内の累計感染者は3458人となった。

県と水戸市によると、この大会は同市内で9日開幕したバスケットボールの県高校新人大会で、15校が出場し無観客で開かれた。複数日程で予定されていたが、私立高生徒の感染を受け初日で中止された。

新たに感染が判明したのは、同校の男子生徒1人と部活動の練習を補助する20代男子学生のほか、同大会に参加した他校の男子生徒計5人と30代女性教員、40代男性教員。同部関連の感染者は、出場大会も含め計23人まで拡大した。

県疾病対策課は、同部内のほか「大会の中でも感染が広がった可能性は否定できない」と指摘。これまで非公表としていた部活動の競技名も明らかにした。

クラスターが発生した群馬県太田市の教会関連では新たに3人の感染が判明。境町の10〜50代男女で、年始の礼拝に参加するなどしていた。関連の県内感染者は計12人に広がった。

美浦村内の高齢者福祉施設では、90代女性利用者と30代女性職員の感染が判明。同施設内での感染者は計5人となった。

水戸赤十字病院(水戸市)では、50代女性看護助手の感染が新たに判明。同病院での感染者は計10人。

県と水戸市によると、新型コロナ感染者のうち、52人が新たに回復。県内の退院・退所などは計2537人となった。

■県内感染確認者
3458人(前日比+104人)
うち死者 41人
退院・退所等 2537人
(県発表、14日午後10時現在)



次の記事:茨城で33人 水戸、4日連続二桁

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 22 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス