2021年1月16日(土)

新型コロナ 茨城で感染者最多159人 美浦の特養ホームで80人

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は15日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計159人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数としては8日の127人を上回り過去最多。このうち80人は、美浦村の特別養護老人ホーム「みほ」の利用者と職員。14日までの確認分を含めた同施設の感染者は計85人となり、県内最大のクラスター(感染者集団)となった。県内の累計感染者は3617人。

県によると、同施設では14日までに5人の感染が判明しており、接触者として約120人を検査した結果、新たに60〜90代の利用者60人と、20〜60代の職員20人の男女計80人が陽性と分かった。症状などは確認中で、現在は施設内で療養しているという。県は今後、施設側で人手不足になった場合など必要に応じて応援職員を派遣する。

水戸市内で9日に開かれたバスケットボール県高校新人大会の参加校では、感染が相次いだ土浦市内の私立高とは別の学校の男子生徒5人と男性教員1人の感染が判明。大会参加者の感染者は計29人に広がった。

筑西市の高齢者福祉施設では90代女性利用者の感染が分かり、施設内の感染者は計13人に増えた。

ほかに、取手署と古河署の20代女性巡査2人の感染が判明。ともに地域課勤務で、6日以降、県警察学校で研修中だった。県警は同じ研修に参加中の76人を学校内待機とした。

県庁財政課の40代男性職員も陽性と分かった。職員は内部事務が担当で県民との接触はなかった。

市町村別では、美浦村68人▽土浦市13人▽水戸市9人など。

新型コロナ感染者のうち新たに94人が回復。県内の退院・退所などは計2631人となった。

■県内の感染状況
新規 159人
累計 3617人
うち死者 41人
退院・退所等 2631人
(県発表、15日午後10時現在)



次の記事:茨城で33人 水戸、4日連続二桁

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 22 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス