2021年2月5日(金)

部下の太もも蹴り、喫煙強要も 日立市消防 パワハラで4人処分

日立市消防本部=同市神峰町
日立市消防本部=同市神峰町

部下に暴行や暴言を繰り返すパワーハラスメントがあったとして、日立市消防本部は5日、職員4人を停職2カ月などの懲戒処分にしたと発表した。4日付。

市消防本部と市人事課によると、4人は多賀消防署に勤務していた昨年1〜3月の間、同署勤務だった20代の消防職員男性に対し、ミーティングルームや仮眠室などで、それぞれ個別に太ももを蹴って全治1カ月のけがを負わせたほか、プラスチック製バットで臀部(でんぶ)をたたき、たばこを吸うよう強要するなどしていた。

処分されたのは、停職2カ月が南部消防署の消防司令補(41)と日立消防署の消防司令補(34)、同1カ月が警防課の消防司令(47)、減給1カ月(10分の1)が多賀消防署の消防司令補(42)。

男性の家族から昨年8月、市人事課に調査依頼があり、聞き取り調査などでパワハラ行為を確認した。4人は「ふざけていたつもりだが、度が過ぎていた」と反省の態度を示しているという。星宏隆消防長は「市民の信頼を失う不祥事を起こし、心からおわびする」と陳謝した。



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス