2021年2月24日(水)

新型コロナ 茨城、16人感染 外国籍の20〜40代男女ら

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は23日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに16人確認されたと発表した。このうち6人は、クラスター(感染者集団)が発生した坂東市内の事業所の従業員で、事業所内の感染者は計59人に拡大した。県内の累計感染者は5611人となった。

県によると、坂東市内の事業所で新たに感染が分かったのは、いずれも外国籍の20〜40代男女。従業員ら約280人を検査したところ、陽性が判明した。

クラスターが発生したつくば市内の病院では、既に感染が判明している患者と同じ病棟に入院中の80代男性患者2人の感染が新たに判明。院内の感染者は、医療従事者を含め計27人に増えた。

このほか、県内の別の病院に勤務する40代男性の感染も分かった。

新型コロナ感染者のうち新たに31人が回復。県内の退院・退所などは計5069人となった。

■県内の感染状況
新規 16人
累計 5611人
うち死者 103人
退院・退所等 5069人
(県発表、23日午後10時現在)



次の記事:2月以来の64人感染、変異株9人

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 4 月 18 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス