2021年3月31日(水)

調教中に落馬、調教助手重体 美浦トレセン

美浦トレーニングセンター(資料写真)=美浦村美駒
美浦トレーニングセンター(資料写真)=美浦村美駒

31日午前6時40分ごろ、茨城県美浦村美駒の日本中央競馬会(JRA)美浦トレーニングセンター南馬場で、競走馬に乗って調教していた龍ケ崎市白羽、調教助手、男性(50)が落馬し、全身を打って意識不明の重体。稲敷署で事故原因を調べている。

同署によると、男性は別の調教助手と、レース出走を控えた馬を併走させる調教「追い切り」をしていた際、騎乗馬が左前足を折って転倒。男性は弾みで前方に投げ出された。同日午後2時ごろ、同センター保安課の職員が「トレセン内で落馬があり、1人が負傷した。意識不明の重体だ」と同署に通報した。



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス