2021年4月1日(木)

新型コロナ 茨城県内感染37人 2カ月連続月間900人台

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は3月31日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計37人確認されたと発表した。3月の感染者数の合計は985人。2カ月連続の900人台で、下げ止まりの傾向が続いている。感染者の累計は6740人となった。

県によると、クラスターが発生した古河市東本町の飲食店「DAVAO(ダバオ)1」では、新たに外国籍の従業員2人が陽性と分かり、感染者は計12人に増えた。

また、同23日に県内2例目の変異株感染者として発表した県内の40代男性について、国立感染症研究所の解析の結果、英国型だったことも明らかにした。

水戸市によると、同市の20代女性は市資産税課の職員。同24日まで勤務し、窓口で対応したり現地調査に行ったりしたこともあった。同じ担当職員4人を自宅待機とした。本庁舎に勤める職員の感染は初めて。市は同30日に女性職員の感染を公表していた。

感染が相次ぐ同市内の事業所では新たに60代男性1人の感染が判明。従業員の感染は計8人となった。

ほかに新型コロナ感染者のうち新たに26人が回復。県内の退院・退所などは計6172人となった。

■県内の感染状況
新規 37人
累計 6740人
うち死者 127人
退院・退所等 6172人
(県発表、31日午後10時現在)



次の記事:33人感染 坂東マッサージ店クラスターか

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 21 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス