2021年4月7日(水)

新型コロナ 茨城県内変異株、新たに3人

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県は6日、新型コロナウイルス変異株の感染者が県内で新たに3人確認されたと発表した。いずれも変異株の感染が相次ぐ日立市大みか町の飲食店「スナック レイ」の関連で、県内の変異株確認は計26人となった。また、県と水戸市によると、同日は県内で新型コロナ感染者を新たに計16人確認。県内の累計感染者は6908人。

県によると、同店の客や従業員のほか、家族や職場での濃厚接触者などを含めた関連の変異株感染者は計16人に拡大。新たに確認された3人は、今月上旬に新型コロナ感染者として公表していた。

新型コロナの新規感染者の1人は、古河市の飲食店「DAVAO(ダバオ)1」の利用客で、同店の感染者は計15人に増えた。

また、県警は6日、水戸署刑事1課に所属する30代の男性巡査部長=小美玉市=の感染を発表。同日の県発表に含まれる。日立署で留置していて感染が確認された20代男性と接触があり、自宅待機していた。

新型コロナ感染者のうち新たに38人が回復。県内の退院・退所などは計6377人となった。

■県内の感染状況
新規 16人
累計 6908人
うち死者 127人
退院・退所等 6377人
(県発表、6日午後10時現在)



次の記事:33人感染 坂東マッサージ店クラスターか

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 21 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス