2021年4月14日(水)

新型コロナ 茨城県内30人感染 古河と取手の病院、感染者増える 変異株は8人確認

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町

茨城県と水戸市は13日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計30人確認されたと発表した。茨城県内の累計感染者は7160人。県内の医療機関に入院していた80代男性が13日に死亡し、県内死者は累計129人となった。また、県によると、新型コロナ変異株の感染者が県内で新たに8人確認された。

県によると、ともにクラスター(感染者集団)発生の可能性が高い古河市内と取手市内の病院で各1人の感染が新たに分かった。

県内在住者の変異株確認は計66人に増えた。また、県はこれまで変異株陽性として発表した1人について、国の解析の結果、英国株だったと明らかにした。

新型コロナ感染者のうち新たに41人が回復。県内の退院・退所などは計6590人となった。

つくば市は13日、小田城跡歴史ひろば案内所勤務の会計年度任用職員1人の感染を発表。同僚や来場者に濃厚接触者はいない。

■茨城県内の感染状況
新規 30人
累計 7160人
うち死者  129人
退院・退所等6590人
(県発表、13日午後10時現在)



次の記事:茨城で70人感染 2日連続の70人台

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 5 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス