次の記事:31人感染 50代男性が死亡

新型コロナ 茨城県内、新たに24人感染 神栖の事業所、クラスターか

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は9日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計24人確認されたと発表した。県内の累計感染者は9987人。また、8日までに90代女性と70代男性の2人が死亡し、県内死者の累計は157人となった。

県によると、神栖市内の事業所で30〜70代の従業員5人の感染が判明。事業所内の陽性者は計6人となり、新たなクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとした。

9日までに確認された陽性者のうち新たに3人が変異株と判明。県内の変異株確認は累計888人。

ほかに新型コロナ感染者のうち新たに30人が回復。県内の退院・退所などは計9383人となった。

また桜川市は同日、大塚秀喜市長の感染に伴い、濃厚接触者としてPCR検査を受けた同市議会の議長、副議長ら3人が全員陰性だったと発表した。

■県内の感染状況
新規 24人
累計 9987人
うち死者 157人
退院・退所等 9383人
(県発表、9日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース