新型コロナ 茨城で259人 福祉施設で集団感染相次ぐ

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は5日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計259人確認されたと発表した。3日に感染を発表した男児1人の発生届を取り下げたため累計感染者は2万1846人となった。

県によると、新規感染者数は13日ぶりに前週の同じ曜日を上回った。5日確認の感染者のうち78人が経路不明だった。

集団感染の疑いは新たに3件報告され、高萩市内の障害者福祉施設では利用者4人と職員1人が新たに感染し、陽性者は計6人に拡大した。八千代町内の高齢者福祉施設では入所者ら計6人に、鉾田市内の事業所では計10人に広がった。

鹿嶋市内の高齢者福祉施設では陽性者が計9人に拡大。日立市内と坂東市内の事業所ではそれぞれ計26人と計39人に増えた。

県警は5日、牛久署に留置していた50代男性と、県警交通指導課の50代女性職員の2人の感染を発表した。

ほかに感染者のうち新たに399人が回復。県内の退院・退所などは累計1万9371人となった。

■茨城県内の感染状況
新規感染者259人(累計2万1846人)
死者累計 195人
現在の入院患者448人(重症30人)
退院・退所等累計 19371人
(茨城県・水戸市発表、5日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース