新型コロナ 茨城県内新規38人感染 週平均100人以下に

茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県庁=水戸市笠原町
茨城県と水戸市は21日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計38人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染者数が50人を下回るのは7月24日(44人)以来、約2カ月ぶり。県内の累計感染者は2万3809人となった。

県によると、直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は94.7人となり、前週比65.2%。週平均の感染者数が100人を下回るのは7月28日(88.9人)以来で、県独自の指標は最も深刻な「ステージ4」から「3」に改善した。指標は21日、4項目全てで「3」になった。

感染が相次ぐ鉾田市内の高齢者福祉施設では、利用者で60〜80代の男女7人の感染が判明し、施設内の陽性者は計17人に増えた。

ほかに感染者のうち新たに104人が回復。県内の退院・退所などは累計で2万2452人となった。

■茨城県内の感染状況
新規感染者 38人(累計2万3809人)
死者累計 212人
現在の入院患者 225人(重症19人)
退院・退所等累計 2万2452人
(茨城県・水戸市発表、21日午後10時現在)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース