伐採中、倒木と重機の間に挟まれ死亡 茨城・常総

写真はイメージ
写真はイメージ
21日午後1時33分ごろ、茨城県常総市大塚戸町の県企業局水海道浄水場の北側山林で、樹木を伐採をしていた同市、不動産業、男性(70)が、倒木と重機のバケット部に挟まれ、病院に搬送されたが、外傷性窒息で死亡した。県警常総署で詳しい原因を調べている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース