特急列車と乗用車衝突、乗用車の27歳男性死亡 茨城・笠間、JR常磐線踏切

特急列車と乗用車が衝突した事故現場=笠間市小原
特急列車と乗用車が衝突した事故現場=笠間市小原
特急列車と衝突し、レッカー車に乗せられた乗用車=笠間市小原
特急列車と衝突し、レッカー車に乗せられた乗用車=笠間市小原
乗用車と衝突したJR常磐線の特急列車。側面には損傷が見られた=笠間市小原
乗用車と衝突したJR常磐線の特急列車。側面には損傷が見られた=笠間市小原
今年最後の日曜の26日、茨城県笠間市のJR常磐線の踏切で、特急列車と乗用車が衝突し、車を運転していた男性が死亡した。車は衝突の激しさを物語るように大破。復旧作業のため、同線は一部区間で約8時間にわたり運転を見合わせ、年末の利用客の足が乱れた。水戸駅では足止めされた人の一部が、列車の代わりに高速バスで東京方面へ向かおうと乗り場に長い列を作った。

26日午前8時39分ごろ、笠間市小原のJR常磐線内原-友部駅間の第3小原踏切で、品川発高萩行き下り特急列車ときわ51号(10両編成)と乗用車が衝突、乗用車は大破し、運転していた男性が車外に投げ出され、死亡した。乗客約100人にけがはなかった。JR水戸支社によると、事故処理などで同線は羽鳥-水戸駅間の上下線で午後4時26分まで約8時間にわたり運転を見合わせ、約1万4500人に影響した。

笠間署は、死亡した乗用車の男性は現場近くに住む会社員、男性(27)と発表。死因は脳挫傷だった。

同署や同支社によると、当時、列車の先頭車両が踏切を通過しようとした際、乗用車が北側から進入し、列車と衝突したとみられる。踏切は警報機と遮断機がついた第1種踏切で、警報機と遮断機は正常に作動し、事故当時は遮断機は下りていた。小原第3踏切は、遮断機を通り抜けるまでの距離は約8メートルで、横幅は約5メートルだった。同署は比較的小さな踏切として、乗用車が停止位置を誤って踏切内に入ったことで衝突した可能性もあるとみて原因を調べる。

乗用車は前面がぶつかった弾みで横に回転して後面も列車と衝突。その後、引きずられるなどして踏切から約30メートル東側で停止し、前後方がともに大きく破損した。列車は先頭から3両目まで、進行方向の左側面のドアや窓の下部分に大きな擦り傷ができ、先頭車両の床下設備も損傷した。

事故の影響で、特急含む上下計67本が運休した。

事故現場は、友部駅から東に約2キロの地点。常磐線の上下線で線路が大きく分かれる区間で、周囲は畑と住宅が広がる。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース