茨城・阿見の物流倉庫 火災収まらず 鎮火に1~2週間か

消火活動が続くSBSフレックの倉庫=1日午後7時ごろ、阿見町星の里
消火活動が続くSBSフレックの倉庫=1日午後7時ごろ、阿見町星の里
茨城県阿見町星の里の食品物流会社「SBSフレック」阿見営業所の冷蔵冷凍倉庫から出火した火災は、1日も燃え続け、消火活動が続いた。県警牛久署によると、倉庫内で断熱材のウレタンが燃えており、鎮火までに1~2週間かかる見込み。

現場の倉庫からは発生から一昼夜たった1日夜も黒い煙が立ち上り、消防車数台が消火活動を続けた。

火災は6月30日午後7時前に発生。同署によると、倉庫で作業していた男性(51)が建物北東側から煙が出ていることに気付き119番通報した。同署などで出火原因や詳しい状況を調べている。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース