2020年9月18日(金)

日立市教委に消毒液150本寄贈 日立商工会議所青年部

日立市教委の折笠修平教育長(右)から感謝状を受け取った日立商工会議所青年部の寺家通浩会長(左から3人目)と役員=同市役所
日立市教委の折笠修平教育長(右)から感謝状を受け取った日立商工会議所青年部の寺家通浩会長(左から3人目)と役員=同市役所

新型コロナウイルスの感染防止に役立ててもらおうと、日立商工会議所青年部(寺家通浩会長)は15日、日立市教委に手指消毒用の高濃度エタノール製品(720ミリリットル入り)150本を寄贈した。同日、寺家会長など役員6人が市役所を訪れ、折笠修平教育長に届けた。

同部が贈ったのは、森島酒造(同市川尻町1丁目)が製造する手指消毒用エタノール代替品「森島酒造アルコール70%」。寺家会長は「地域のために何かしたかった。安全に友人と遊び、勉強に励んでほしい」と話した。

同部に感謝状を贈呈した折笠教育長は「学校生活で消毒液は欠かせないものになっている。有効に使わせていただく」と述べた。寄贈品は市立小中学校・特別支援学校全41校で活用される。



次の記事:茨城で15人感染 90代女性死亡

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 6 月 17 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス