2013年7月17日(水)

美浦にパプリカ工場 東急建設子会社

工場内にはパプリカをサイズごとに分ける選果ラインを備える=美浦村土浦
工場内にはパプリカをサイズごとに分ける選果ラインを備える=美浦村土浦

東急建設(東京)の子会社、リッチフィールド美浦(美浦村信太、吉田良弘社長)は16日、美浦村土浦に建設していたパプリカ専用の植物工場を稼働させた。国産野菜に対する消費者ニーズの高まりを受け、耕作放棄地に大型のガラス温室を設け、大手スーパーやホテルなど外食産業向けに生産する。

同社によると、パプリカの植物工場としては国内最大級。敷地約2万6千平方メートルを賃借し、約2万640平方メートルの工場を建設した。収穫は10月下旬から翌年6月まで約8カ月間で、初年度は年間400トンの生産を見込む。工場内には選果ラインを設け、サイズ選別も行う。

施設内では炭酸ガスを外気の約2倍発生させて生産を促進。「露地栽培と比べ約4倍の高い収量」(同社)を実現する。さらに、コンピューターシステムで室内温度や湿度を制御するほか、各作業員の収穫量なども管理。雇用は約20人を地元から採用する。

吉田社長は「消費者の国産品志向が高まる中、パプリカは90%が輸入品の状況。将来的には美浦のパプリカを全国ブランドとして定着させたい」と話した。

全国・世界のニュース

2017 年
 10 月 21 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス