ニュース

遺骨を永代で預けられる合祀墓。156体が眠っている=笠間市福原の出雲大社
少子化、祭り手減少 お墓、スタイルに変化

2019年3月23日(土)

少子高齢化や価値感の多様化などで、お墓のスタイルが変化しつつある。永代供養付きの合祀(ごうし)墓や樹木葬の需要が高まっている。日立市の市営霊園では、合葬式墓地の整備が進む。葬儀やお墓の研究者は「非婚、晩婚、少子化で祭り手が減少する…

記事全文 >>>

今や一般家庭で主流となった洋式トイレ。温便座や洗浄装置など機能が充実し、海外からの評価も高い。県内の学校でも「和式は使い慣れない」という児童生徒の要望が多く、…


干し芋製造販売の幸田商店(ひたちなか市烏ケ台)は生地に干し芋ペーストを練り込んだ「ほしいもせんべい」を商品化し、販売を始めた。年間を通して安定販売できることから…


公共工事の年度末集中を解消し、施工時期の平準化を図ろうと、県が「ゼロ債務負担行為(ゼロ県債)」と呼ばれる手法の活用に本格的に乗り出した。繁忙期の3月までに入札・契…


コメントランキング
  • JavaScriptをOnにしてください
  • JavaScriptをOnにしてください
  • 茨城の動画




2019 年
 3 月 25 日 (月)

防災情報

茨城
東京
福島
栃木
千葉
表示なし

RSS Feed Widget
メニュー
投稿・読者参加
サービス