【デスク日誌】昭和61年から続くこと

【AD】


1986(昭和61)年と今を比べると、駅のトイレは随分きれいになった。公衆電話は減り、タバコが吸える場所は極端に減った

▼テレビドラマ「不適切にもほどがある!」が好評だ。コンプライアンス意識が皆無の主人公が、同年から令和の現代にタイムスリップする物語。スマホの機能に驚いたり、後輩社員に「頑張れ」と励ました先輩がハラスメントで懲罰を受けそうになる場面に遭遇し、戸惑ったりする

▼一方で昭和が細かく描かれ、生徒が部活動練習中に水を飲んで注意されるほか、レンズ付きフィルムやビデオ「VHS」が懐かしさを膨らませる。今の若者にはどう映っているのだろうか

▼38年間でさまざまなことが変わったと実感しつつ、今も変わらず続いているものはあるかと考えてみた。すると、真っ先に浮かんだのは「政治と金」の問題だった。(鹿嶋支社・小池忠臣)

最近の記事

茨城の求人情報

全国・世界のニュース