【デスク日誌】ひき逃げ犯、自首して

【AD】
ひたちなか市に住む高齢男性は、毎朝のウオーキングが日課だ。24日朝も、いつもの田んぼ道を歩いていた。すると突然、体に衝撃が走った
▼一瞬何が起きたか分からなかった。車が近づいてくる気配は感じていた。車にはねられたのだ。男性がわれに返った時、車は既に50メートル先を走っていた
▼体の痛みをこらえ警察に連絡。その後、病院でコンピューター断層撮影(CT)などの検査を受けた。幸い大事には至らなかった。ただ診察した医師からは、当たり所が1センチずれていたら、命の危険があったかもしれないと言われた
▼大きなけがはなかったが、ひき逃げは交通違反の中でも重大な犯罪だ。事故を起こし救護せず逃げるのは、人として最低の行為。運転手の卑劣極まりない行動は到底許されない。車種などは分かっている。警察の捜査が進む前に、自首してほしい。(整理部・菊池利光)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース