2019年1月18日(金)

【吐玉泉】

遅塚吉尋館長(右)に図書を寄贈する加藤啓進会長=17日、水戸市三の丸の県立図書館

▲日産自動車の販売店でつくる日産茨城会(会長、加藤啓進・茨城日産自動車会長)はきのう、「第34回日産童話と絵本のグランプリ」の大賞2作品計134冊を、県立図書館や市町村図書館・公民館に寄贈した。県立図書館で式典があり、加藤会長は「いずれも面白い本。どんどん読んでほしい」と願い、遅塚吉尋館長に図書を手渡した=写真。
▲グランプリは1984年に創設。アマチュア作家の登竜門に位置付けられる。大阪国際児童文学館が主催し、日産が協賛。児童の健やかな成長を願い、大賞作品は全国の図書館に贈られている。
▲大賞に輝いた童話は「ぶぅぶぅママ」(小路智子さん作)で、絵本は「こぐまのアーリーとあかいぼうし」(わだあいさん作・絵)。童話2508編、絵本485編の応募から選ばれた。県立図書館は今後、贈呈図書を各施設に届ける。

2019 年
 1 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス