【吐玉泉】

神武館道場が披露した演武=水戸市酒門町
▲水戸市酒門地区の「ふれあい酒門まつり」(同実行委員会主催)がきのう、同市酒門町の酒門コミュニティーセンターで開かれた。模擬店が並び、ダンスや演武、吹奏楽の演奏など多彩な催しが会場を盛り上げたほか、市民による作品展示も行われ、地域住民らでにぎわった。
▲会場では、同センターなどで活躍する教室やクラブなど約6団体が陶芸や書道、レザークラフトなどの作品を展示して成果を披露。総合型地域スポーツクラブによる健康チェックコーナーや、市指定無形民俗文化財の「大根むき花」の制作実演も行われた。
▲有川秀男同実行委員長は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により5年ぶりの開催となったことに触れ「空白の時間があったが、皆さんが待っていた。地区のコミュニティー活動の一環として長く続けていきたい」と話した。