【記者手帳】パンダ誘致に影響も

【AD】
○…「パンダ誘致の難易度が変わる可能性はあると思う」。日立市かみね動物園へ中国からジャイアントパンダを誘致しようと、県や県日中友好協会が取り組む中、国家間の現状を踏まえた印象を大井川和彦知事が語った。

日中関係を巡り、「政府間で安全保障の問題など難しい対応がある」と指摘した上で、「中国政府の中でも高いレベルで決定をいただかないといけないという話を聞いている。国家間の関係がパンダ誘致に影響を与えないということはない」と話した。(豪)


○…「手作りで地域を活性化し、より良い地域を築ける点に興味を持つ人が増えている」と話したのは、企画実現のため寄付を募るクラウドファンディング(CF)を支援する会社「クラウドファンディングデザイン」(つくば市)の渡辺ゆりか社長。CFの魅力について所見を示した。

かすみがうら市などで自治体と連携協定を締結。各地で企画が立ち上がり、市も補助を始めた。「年齢を問わず多彩な仕掛けができ、新しい流れでできる」と活用を呼びかける。(綿)


○…利根町の布川事件で再審無罪となった桜井昌司さんに迫ったドキュメンタリー映画「オレの記念日」が完成。桜井さんは「自分の人生を見てもらって失敗をしてもいいんだと思ってほしい」と語る。「失敗を許容しない世の中の方がおかしい」と疑問を呈す。

獄中生活は29年に及んだが「えん罪になって良かった」と表現する。「刑務所の生活に比べたら、全てのことが楽しいと思えるから」と訳を話す。がんで余命宣告も受けても明るい。「治ったら面白い」と。(明)

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース