2020年3月29日(日)

【いばらき春秋】

今年はベトナム戦争終結から45年。1975年4月のサイゴン(現ホーチミン)陥落で終わりを告げた

▼73年のきょう3月29日にはパリ和平協定調印に伴い、駐留していた南ベトナムから撤退を進めていた米軍の最終部隊がサイゴンを撤収。ニクソン大統領はベトナム戦争終結を宣言していた

▼本紙で昨年まで北海道から沖縄への徒歩旅「列島縦断あるき旅」を連載していたベトナム戦争報道で知られる写真家の石川文洋さん(82)が終戦45年を前に「ベトナム戦争と私」を出版した

▼本で石川さんは「戦争を防ぐためにはどうしたらよいか。自国のかかわった戦争がどのようなものであったかを理解し、戦争の悲劇を想像することだと思う」と投げ掛ける

▼戦争終結から半世紀近くになろうとする現在、この戦争をどう伝えていくのか。毎年ベトナムを訪れているという石川さんだが、米軍の枯れ葉剤の被害を受けた子供たちの人生を心配する。石川さんはきょう付の「こんにち話」で当時を振り返っている

▼ベトナムは経済発展が続き、都市部では高層ビルが林立する。ベトナムでも海外帰国者を中心に新型コロナウイルス感染が拡大しているという。早く見えない敵との戦争が終わってほしい。(大)

2020 年
 3 月 29 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス