10年後の現在地 ルポ・福島

2011年3月の東京電力福島第1原発事故は、半径20キロ圏に避難指示を出す事態となり、茨城県にも最大4千人を超える福島県からの避難者が身を寄せた。古里への帰還を諦めて本県に定住した人、まちづくりが再始動した原発立地自治体、事故現場である同原発の今は-。事故から10年を前に福島の今を追った。

2021 年
 4 月 17 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス