日光東街道を歩く

日光・奥州街道の栃木県上三川町付近と、水戸街道の千葉県柏市付近を結ぶ街道約82キロは「日光東街道」(関宿通多功道(せきやどどおりたこうどう))と呼ばれる。江戸幕府が整備し、祭礼行事「日光社参」の大名の移動、参勤交代、庶民の移動や物流を支えた。結城から古河、境へ抜ける茨城県内の道のり約30キロは、県道17号線の大部分に相当する。本連載では、県内の街道筋の各エピソードと今の様子に光を当てる。全7回。

2021 年
 4 月 17 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス